1:

 10月9日夜10時スタートの水曜ドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)の制作発表記者会見が、9月23日都内スタジオで行われ、主演の高畑充希と橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出席した。

 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない、忖度できない主人公・サクラが駆け抜けた10年間を1話ごとに1年ずつ描いていく、『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』(日本テレビ系)などの脚本家・遊川和彦のオリジナル脚本作。
  主人公の北野サクラ(高畑充希)が働く花村建設の会議室セットを使って行われた会見には、スーツ姿の同期5人が同席。高畑充希は、「絶賛撮影中です。おもしろいドラマにしたい気持ちは(出演者とスタッフも)一緒なので楽しみにしていてください」と挨拶。サクラをそばから見守る月村百合役の橋本愛は、「生き方が変わったり、ボロボロになった心を生き返らせる力があると思うので、このドラマが届くといいなと思います」と話した。
  新田真剣佑が演じるのは、エリート一家に育った木島葵。「とても楽しく撮影をさせていただいています。僕も遊川さんの1ファンとして完成が楽しみ」と話した。熱血・熊本男児の清水菊夫役の竜星涼は、「この作品が終わる頃には、忖度のない俳優になれるよう頑張りたい」と決意表明。また、ネガティブキャラの理系男子、土井蓮太郎を演じる岡山天音は、「新しい形のドラマなので、僕自身もドキドキしながら撮影しています」と心境を語った。
  5人が顔を合わせる入社式のシーンを振り返って、高畑が「もっと身長が高くなりたかった」と冗談めかしつつ、身長の高い同期4人の立ち姿を「格好良い」と称賛すると、すかさず竜星が「ありがとう」と返すなど、早くもキレのあるコンビネーションを披露。完全オリジナルの今作について、「こんなに最初から携わることはドラマではなかなかないので、これでもかというくらい話し合いタイムが設けられて、ぐったりしました」と高畑は笑顔で明かしつつ、制作陣の熱意にあらためて感じ入っている様子だった。
  忖度しない主人公のサクラについて、高畑は、「私は忖度したり、気をまわしてしまうときもある。サクラという人は忖度ができなすぎて、生き方として良いかはわからないけど、すごい格好良いし、嘘がない」と話し、「私自身は普通の人だと伝えたいです」と、実像とのギャップを強調していた。
  民放の連続ドラマは5年ぶりという橋本は、「本当に自分が『伝えたいものがある』と思ったものに力を注ぎたいと思っていて、今作に自分の信念と同じような匂いを感じた」と言い、「サクラの中にある根っこの部分は人間らしいもの。でも、百合は真逆(の性格)なので、百合の思考と感情に引き戻すのが大変で、(サクラを)応援したくなっちゃうのを、どうにか心の中で毒づいてやっています」と役作りについて語った。
  『トドメの接吻』(日本テレビ系)以来の同局出演となる新田は、自身が演じる葵について「みんなの前ではお調子もので、自分が抱えているものはあるんですけど、それがいつ出てくるかはお楽しみです」と期待を抱かせた。竜星は、菊夫を「とても熱量があって、人を応援するのが好きな、僕とは違うタイプ」としながらも、「学生気分から、一人の男の子がどう成長して社会人になっていくかは見どころのひとつ」と話した。

  岡山によると、蓮太郎は「僕自身もネガティブというか、親近感を覚えるキャラクター」。同期の5人は「それぞれ色が違いますが、(キャラクターが)濃くて、ちゃんと共演するのは初めての方が多かったので、マックスで人見知りしました」と照れ笑い。5人の個性がひとつになって生まれるハーモニーに注目したい。

2009年からの10年間を舞台にサクラたちの成長を描く『同期のサクラ』。10年前と比べて大人になったことを聞かれて、竜星は、「先輩の差し入れを断っていた自分に『なんて馬鹿なことを言っていたんだろう』と。今では、差し入れがあったら率先して食べるようになりました」と述懐。「とがっていた」過去の自分を回想していた。

  これから楽しみにしていることとして、高畑は、「話が進むにつれて、おもしろさが加速していきます。出ている私たちも展開を知らないので、台本が来るたびにワクワクするし、この先、5人や周りの人たちがどういう人生を歩むんだろうと、半分視聴者みたいな気持ちです」と見どころを紹介。
   橋本は、第1話で抱いた子役との再会を熱望。10年後、母親になった百合を演じて「お母さんのことなんて絶対にわからないけど、0.1ミリくらいは感じられたかな」と話す。「撮影が進んで、5人がもっと打ち解けていくのが楽しみです」と竜星。岡山は「10年後の蓮太郎は、ひとりだけ左手に指輪をしているので、それが何を意味しているのか」と思わせぶりな発言で盛り上げた。
  最後にキャストを代表して、高畑が「1話で1年が進む、あまり見たことのないチャレンジングな作品になっているので、この楽しさがみんなに早く届くといいなと思います」とPRした。

 

2:

脚本:遊川和彦
原作:オリジナル
ツイッター公式アカウント:@douki_sakura
キャスト:高畑充希、橋本愛


離島で育ち大手ゼネコンに入った忖度できない女性が故郷の島に橋を架けるという夢のため働く10年間の記録。

 

3:

大手ゼネコンの 庭に咲く

たまちゃんを橋本がやるのか 丸尾と花輪は 野口さんは

 

5:
遊川和彦って本当に一人で全話書いてるの?

 

6:
ちょっと期待したのにまた遊川?
なんか残念

 

7:
同名漫画があるけど、大丈夫なんかな?

 

8:
>>7
同期のサクラ~ひよっこ隊員の訓練日誌~か

 

11:
竹内涼真こい!

 

12:
夏菜がキャスティングされたら話題沸騰なんだけど無理か。

 

13:
>>12
夏菜本人は、YouTubeの配信で遊川さんは(不仲の噂は承知してるけど)本当のところ嫌いではないって釈明してたしな
ほんとにオファーされれば普通に出てきそうだけど

 

16:
初回10/9(水)

 

19:
真剣佑は2番手?でも橋本愛の方が日本での芸歴は長いか

 

20:
どっちも番手はわからないけど同期の一人じゃない?
カホコファンとしては竹内に出て欲しかった

 

22:
>>20
男2人くらいは出るんじゃない?

 

24:

no title

ドラマ予想スレからだけど同期のシルエットが女3人になってる

 

28:
高畑充希楽しみです

 

30:
公式ツイのフォローが謎だな
カホコのフォローを引き継いでるからあの人選なのか?

 

32:
>>30
謎だよな時任さんイトちゃん役の子はフォロ―外されちゃってるから確実にでないんだろうね…

 

42:
>>32
カホコインスタの方は時任さん久保田紗友ちゃんフォロ―されてるね
Twitterの方は意図的に外したんだろうか
この二人はTwitterもやってる

 

115:
高畑充希×橋本愛=顔が濃すぎて、毎回ムネヤケしそうw

 

116:
17年は、絶好調だった枠
カホコ   11.6 10.8 12.0 11.1 12.1 10.9 10.8 11.5 9.9 14.0 高畑充希
奥様取扱  11.4 11.3 12.4 11.2 14.5 12.9 12.7 12.4 13.6 14.1 綾瀬はるか
18年は、トップ女優大コケだった枠
あのね   9.2 7.2 6.6 6.4 5.9 5.5 4.9 5.4 4.4 5.6 広瀬すず
高嶺の花  11.1 9.6 8.2 9.2 8.2 7.8 9.9 9.3 9.9 11.4 石原さとみ

 

117:
花咲舞、家売女の名門枠だのに 最近の凋落が激しいな

 

130:
>>128
初回裏番組
TBS 10/9 19:00~22:57
ワールド極限ミステリー4時間スペシャル
MC:恵俊彰(ホンジャマカ) 高島彩

 

129:
NTV 10/06 19:00~22:54
NTV番組対抗19秋

 

135:
こいつに主役させるのそろそろ終わりにしてほしい

 

137:
>>135
ホリプロは強すぎるからしゃあない
音事協会長には勝てません

 

149:
>>148
脚本家的には視聴率、視聴者的には内容かな
両方が良ければなお良い

 

146:
髪型のせいか、ケンタの高はっちゃんが意外とかわいい

 

147:
三菱地所の眼鏡充希も可愛いぞ

 

181:
>>147
一瞬しか見なかったけど確かに可愛い

 

158:
絶対みる~ 楽しみ~♪

 

160:
サクラの演技、忘却のサチコのサチコと被る気がする
高畑はこういう極端なキャラが得意分野なんだろうけど..

 

196:
>>160
ドラマだと極端な役が多いけど、映画だと普通の役も多い
引っ越し大名なんかも、割と普通の役

 

161:
あらすじ読んで入社式で社長に話が長いと言うってみてあぁまたたかはっちゃん嫌われそうと思ったけど
予告見てそうでもないかなぁと思ったまぁ見るまではわからないけど

 

165:
高畑って演技派って言われるのはやっぱ普通顔だからか
全部演技かほこじゃんww

 

169:
見たいけど、真の最終回はHuluだから見ない

 

170:
>>169
www

 

172:
>>169
それは日曜日の枠でしょ
水10はまだその商法は使ったこと無いと思う

 

185:
>>172
もう日テレは信用できない
1シーズンに2番組やらかしただけでも不信感満載

 

171:
Hulu商法か

引用元: ・【日テレ水22】 同期のサクラ 【高畑充希・橋本愛】