1:

「事件に向き合っていない」新幹線殺傷の被告、刑務官の制止振り払い万歳3回

東海道新幹線で昨年6月、乗客の男女3人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた住所不定、無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判で、横浜地裁小田原支部は18日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。「一生刑務所に入りたい」などと繰り返し、無期懲役を自ら希望して反省の態度を示さない小島被告に対し、佐脇有紀裁判長は「事件に向き合っているとは言えず、厳しい非難は免れない」と述べた。

判決によると、小島被告は昨年6月9日午後9時45分頃、神奈川県の新横浜―小田原駅間を走行中の下り新幹線の車内で、20歳代の女性2人をナタで負傷させ、止めに入った兵庫県尼崎市の会社員梅田耕太郎さん(当時38歳)をナタとナイフで切りつけて殺害した。

佐脇裁判長は判決で「一生刑務所に入るために、何の落ち度もない人を無差別に殺害しようという動機は、あまりにも人命を軽視したもの」と断じた。その上で「反省や謝罪の態度を見せることはないと公言した態度は、事件に向き合っているとは到底言えない」と非難。「有期懲役刑を選択する余地は全くない」と強調した。

一方で、中学卒業後から自立支援施設で生活するなどした不遇な家庭環境や、被告が若年で前科前歴がないことなどを踏まえ、「死刑がやむを得ないとまでは言えない」と結論づけた。

小島被告は背筋を伸ばし、じっと前を向いて判決を聞いた。しかし、佐脇裁判長が量刑理由に続き、判決に不服がある場合の控訴手続きを説明すると、突然、「控訴はしません。万歳三唱をします」と発言。裁判長が「席に戻りなさい」と注意し、刑務官らが取り囲んで両腕を押さえようとしたが、その制止を振り払い、万歳を3回繰り返した。

事件を省みない被告の言動は公判を通じて続いていた。初公判で「(梅田さんを)見事に殺しきりました」「(女性2人は)残念ながら殺し損ないました」と語り、被告人質問でも「有期刑になって出所したら、また必ず人を殺す」などと供述。無期懲役に固執する姿勢を見せていた。

被告の「希望」と一致する結果となった判決について、元東京高裁判事の川上拓一・早大名誉教授は「市民感覚的には理不尽かもしれないが、死者が1人で、被告が若年であることなども考慮すると、無期懲役は妥当」と指摘した。諸沢英道・元常磐大学長(犯罪学)は「被告が法廷で万歳するなど聞いたことがない。遺族や被害者は言葉にできないほど腹立たしいだろう」とした上で、「死刑判決もあり得る事件だっただけに、裁判所には、もう少し丁寧な量刑理由の説明や説諭をしてほしかった」と話した。

■「遺族思うと悔しい」乗客女性

判決は、殺害された梅田耕太郎さんについて、「危険を顧みず、見ず知らずの人を救うために、被告を制止して命を落とした。その無念さ、遺族の悲しみは計り知れない」と言及した。 事件当時、現場となった12号車に乗り合わせ、凶行を目の当たりにした岡山県の女性(30)は判決後、「被告が望んでいた無期懲役になり、万歳三唱までしたと聞き、ご遺族のことを思うと悔しい」と憤った。事件の背景や動機を知りたかったが、「なぜ刑務所に入ることにこだわったのかは、分からないままだった」。 公判では、梅田さんの母親の調書が読み上げられた。東京大で学び、就職して多忙な時でも、母の日には花を贈ってくれた「代えがたい最愛の息子」。事件後に遺体と対面した時には膝から崩れ落ちたといい、「女性客が危ないと素手で立ち向かったのでしょう。体をていして守ったことを思うと、けなげでいとおしい」と心情を明かした。 最初に襲われて重傷を負い、法廷で意見陳述した女性は、梅田さんの死について、「私のせいだと罪悪感で涙が止まらなかった」と語り、「無期懲役では被告が望んだ刑務所。夢のような場所では、罪の重さを理解することはない」と厳罰を求めていた。

12/19(木) 5:14
読売新聞オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00050198-yom-soci

 

no title

70:
>>1
日本の司法が一番狂ってる

 

96:
>>1
一番不遇なのは小島に殺された梅田さんだし
梅田さんの家族だろ

 

167:

>>1
国民感情と大きく離れた裁判官&検察。

裁判員裁判でも、裁判員が苦しんだ挙句に出した死刑判決を簡単に覆したり、相も変わらず
加害者に甘い対応しか出来ないな。

だとしたら、今後は被告を法で裁くのではなく、被害者側に裁かせろよ。


仇討制度を復活させてさ。

 

177:

>>167
仇討ち制度の問題は
仇討ちする人が居ない人間を殺した場合に相対的に殺人犯の罪が軽くなってしまう事

具体例をあげると親が子供殺すケース、子供が親殺すケース

 

207:
>>1
3人殺したら家庭環境に問題があっても死刑だったな

 

254:

>>1
反省してないみたいだし
死刑でいいのに

生きていても、人の迷惑なだけ

どうせチョン公だろ

 

296:

>>1
>被告が法廷で万歳する

ワガママ、エゴイズム、ナルシシズムを増長させるだけ増長させた
「歪みのカルス」的人格が、露わになりましたな。
桜舞い散る道のうへでだれもが笑顔なのにその中から
化け物が出てくるんだ。
表面だけつくろえばよしのこの国では、あっと驚く者が出てくる、んああ。

 

298:
>>1
究極のかまちょって感じで読んでて恥ずかしくなる

 

360:
>>1
不遇な環境で育った人間が全員
犯罪犯してるか?違うだろ?!
結局は加害者自身の資質だよ
此奴は反省なんざ絶対しないぞ

 

492:
>>1
やむを得ないだろ!

 

574:
>>1
馬鹿か不遇な家庭環境だろうが無関係な人を殺めていい理由にはなりません!凸(゚Д゚#)
最近の裁判官ってバカすぎ!凸(゚Д゚#)凸(゚Д゚#)凸(゚Д゚#)

 

671:
>>1
こういうやつは死刑にしていつ執行されるかわからんドキドキを胸に服役させたほうが良かったんじゃね?

 

3:
死刑のほうがマシと言える拷問刑で

 

4:
とりあえずムショでボコられろ!
甘く見るな!

 

16:
>>4
個室なら無理だよな

 

25:
>>16
初犯でも無期懲役は雑居房
つまりヤクザの溜まり場

 

91:
>>78
労働拒否したり暴れたりしたら独居に移されるから本人次第やな

 

184:

>>91
>労働拒否したり暴れたりしたら

ここまでひどいのは協同作業できないだろうな
独房入りまえに念入りにボコられるだろう

 

187:
>>25
裁判官の狙いはここ。ちゃんと説明しないと

 

198:
>>4
それは無理やろ、ほぼ同類やし

 

370:
>>4
こんなクレイジーなやつ犯罪者でも関わりたくないだろ

 

7:
こいつの計画通りになったな。
無期懲役。

 

8:
こういう奴が1番つらい刑ってなんだろう

 

66:
>>8
鉄格子の向こうで家族が団欒してるのを一生見させる

 

159:
>>66
そんなことしたら、自分がその一員だと錯覚するからダメ

 

153:
>>8
強がってるだけだから充分辛い

 

178:
>>153
本人が意識してるか分からんが、コイツの人生自体が辛いんだよ
日常生活の中で幸せや楽しみが何一つ見出せないんだからさ
いつからか、どこで拗らせたかは知らんが辛すぎる

 

181:
>>8
遅レスだが、刑務所で集団いじめと暴行に合う事だろうなあ コイツにダメージを与える事が出来るのは

 

214:
>>8
アメリカにはヤバい刑務所とかいくつかあって
そこに入れるとかなんとか

 

317:
>>8
愛に触れさせて後悔させる

 

333:
>>317
何気にそれが一番キツいかも
知っても外には生涯出られない

 

361:

>>8
とにかく生きていたい異常者なんだからそれを止める死刑しかないんだろうね

刑罰の在り方がやっぱ人間は性善説に基づいてるから
こういう殺すことで生きたいという殺人鬼に
刑法を当て嵌めるということがそもそも間違いなんだよな
無差別殺人にいいも悪いも生かすもないんだから
それ実行に移そうとしたらそれだけで死刑でいいだろうに
この手の快楽殺人とか無差別殺人なら死刑という法改正が必要なんだよ
日本の社会にしてもそうだけど慣例ありきで
法律とはなんでも前例の前例主義で
あれがこうだったからこれもそれってだから無差別殺人まで生かしていいのかだな


 

10:
家庭環境を出すならそれに関わった親を罰しろよ。
これじゃ加害者に何のおとがめもない。
裁判員頭大丈夫か?

 

145:
>>10
何のコメントも出してないもんね
宅間の親でさえコメント出してたのに

 

12:
基地外の弁護って大変だな

 

17:
一体これって誰の為の判決なんだろな
本人の希望が叶い、被害者や遺族の無念は燻ったままというね
裁判は合法的な懲罰という側面がある、と皆無意識に捉えているからこそ、今回の判決に反発する気持ちが強い人が多いんだよな
飯塚の爺さんの件もそうだけど、法律で裁けないなら必殺仕事人みたいな仕事が本当に必要な気がするわ

 

18:
死刑より無期懲役になりたいやついるんだ
23から入って楽しいこととかあるの?

 

19:
なんでこいつ刑務所に入りたがってんの?

 

34:

>>19
リアル社会に絶望して刑務所に入ったほうが快適だと考えているから

親に放棄されて祖母からも見捨てられたと思った生涯持ちのブサイクがホームレスになったらそう思うようになっても仕方ない
しかしその手段が無実の人を殺めるというのは大きな間違いだった

 

49:
>>34
被害者は望まないのに殺されて、加害者は望みどおり刑務所暮らしか

 

引用元: ・【新幹線殺傷】小島被告、無期懲役判決に「万歳、万歳、万歳」…裁判長「不遇な家庭環境、死刑がやむを得ないとまでは言えない」